BASEBALL DAYS @やきゅー速ホー なんJおんJ

なんJの野球系の記事を中心に紹介しております

野村弘樹

【悲報】谷繁「1998年と現在の横浜スタジアムでは迫力が全く違う」

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1522643090/

snapshot
snapshot02
snapshot03

1: 風吹けば名無し 2018/04/02(月) 13:24:50.22 ID:HhEsDq1A0
谷繁「なんていうんですかね。迫力が違うんですよ。いくら今横浜スタジアムがいっぱいでも、なんかその98年のファンのその迫力とはちょっとまだ違う」

野村「我々ロッカーにいて、ロッカーが揺れてたんですよね試合前。今そこまで『ワー』と試合前からなるかと言うとちょっとそこはないと思う」
野村「僕らヤジも罵声も浴びながらも『ちくしょう』と思いながら頑張っていたので、ファンも怒るときは真剣に怒ってもいい」
野村「そうなったときに本当の強さが出来上がるのかなと感じています」

https://youtu.be/Zj6x_y38mC0?t=9m52s


4: 風吹けば名無し 2018/04/02(月) 13:25:57.94 ID:eqzg0KR70
あの年はベイスだけじゃなくて他の横浜も色々ありすぎたからな

5: 風吹けば名無し 2018/04/02(月) 13:26:02.27 ID:3ktBF+zG0
優勝かかってるんやからそらそうよ

続きを読む

球界OBはDeNA先発ローテ「左投手4人」に肯定的

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1516794652/

1: 風吹けば名無し 2018/01/24(水) 20:50:52.07 ID:WSZZcwIT0
imanaga

DeNA、常識外れの「左4枚」は球界OBも太鼓判 その独自の戦略を読み解く


球界OBは口をそろえて「左投手4人」に肯定的
横浜、中日で正捕手を務め、選手兼任監督の経験も持つ谷繁元信氏は「もちろん、左右のバランスが取れているのがベスト」と前置きした上でこう語る。

「右投手ばかりよりは、左投手が多い方が良い。そもそも、プロ野球界全体を見ると先発投手は右が多く、左は稀少。先発を任せることのできる能力があることが大前提だが、左投手が多いデメリットはあまりない」

また、元ロッテの正捕手、里崎智也氏は近年の野球界の傾向についても語ってくれた。

「左投手は右打者に弱いといわれることが多かったが、今はそんなことはない。特にDeNAの左投手は右打者に対しても外に逃げるボールがあるので、左右の差はほとんどないはず。それは、日本シリーズの投球でも証明されている」

1998年に横浜の日本一に貢献し、自身も「左のエース」として活躍した野村弘樹氏も同様の意見だ。

「左4枚、面白いじゃないですか! 確かに珍しいけれど、DeNAはそういう固定観念にとらわれない野球をしている。もし今季、左偏重のローテーションで結果が出れば、他球団もそれに追随する可能性は十分ある」

2: 風吹けば名無し 2018/01/24(水) 20:51:07.72 ID:WSZZcwIT0
取材した球界OBは皆、口をそろえてDeNAの「左投手4人」に肯定的だったのだ。

その背景には谷繁氏が語るように、先発左腕の「稀少性」がある。

昨季、12球団で規定投球回数に到達した投手は全部で25人。そのうち、左投手は今永、田口麗斗(巨人)、バルデス、大野雄大(ともに中日)、菊池雄星(西武)の5人のみ。

12球団を見渡しても、規定投球回に到達し、2ケタの勝ち星が期待できるような先発左腕は限られている。

プロ野球全体を見ても稀少な「先発左腕」を実に4人もそろえる――。一見、補強ポイントとはマッチせず、球界の常識からはかけ離れているかに思えるDeNAのドラフト戦略だが、その裏には確かな手応えが透けて見える。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00010000-victory-base&p=2

3: 風吹けば名無し 2018/01/24(水) 20:51:54.80 ID:qMjBQour0
まあデメリットないし

続きを読む



最新記事
BBDのRSS
RSSimg


記事検索



アクセスランキング


admin.