BASEBALL DAYS @ なんJおんJ

なんJの野球系の記事を中心に紹介しております

高校野球

選抜21世紀枠候補9校決まる

1: 風吹けば名無し 2018/12/14(金) 15:34:00.66 ID:yT7iZHuxd
furukawa

石岡一、熊本西など9校 センバツ21世紀枠候補

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00418893-nksports-base

北海道=釧路湖陵

東北=古川(宮城)

関東・東京=石岡一(茨城)

東海=清水桜が丘(静岡)

北信越=金津(福井)

近畿=八尾(大阪)

中国=平田(島根)

四国=富岡西(徳島)

九州=熊本西

2: 風吹けば名無し 2018/12/14(金) 15:34:39.33 ID:WcCC3dILd
古川は確定

5: 風吹けば名無し 2018/12/14(金) 15:36:11.68 ID:eOxRKmu30
そら古川よな…千厩期待してたんやけどな~

続きを読む

甲子園監督、ジンバブエ代表率いる 異例の兼任、東京五輪目指す

1: 風吹けば名無し 2018/12/04(火) 22:20:48.28 ID:RgEaF8DS0
okayama

甲子園監督 ジンバブエ代表率いる 岡山・山陽高野球部の堤氏 異例の兼任、五輪目指す

 おかやま山陽高(岡山県浅口市)の硬式野球部を2度の甲子園に導いた堤尚彦監督(47)が、2020年東京五輪出場を目指すアフリカ・ジンバブエの代表監督に就いた。現役の高校監督が海外のチームを率いるのは異例。6~19日に就任後初めて現地入りして選手選考や強化合宿を行い、来年夏以降にある予選突破に向けたチームの土台づくりに力を注ぐ。

 堤監督は20代の頃、青年海外協力隊員としてジンバブエとガーナで計3年、普及活動に携わり、ガーナ時代には2000年シドニー五輪を狙う代表コーチも務めた。当時、ジンバブエの現地スタッフとして苦楽を共にし、現在は同国野球協会長のモーリス・バンダさん(41)から代表監督への就任を依頼された。

 「世界に野球を広めたい」と部員らと使わなくなった野球用具をアフリカなどの発展途上国に送り続けている堤監督。迷いながらも今年、「まいた種がどう育っているのか見てみたい」との思いに突き動かされて引き受け、日本高野連からも承認された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00010007-sanyo-l33

2: 風吹けば名無し 2018/12/04(火) 22:21:17.42 ID:9evbu2Qq0
はぇー

4: 風吹けば名無し 2018/12/04(火) 22:21:33.50 ID:V7WcBo5F0
がんばれ

続きを読む

ドミニカ人「なぜ日本人は長時間練習するんだ?」 日本人「・・・」

1: 風吹けば名無し 2018/12/04(火) 15:04:38.94 ID:RgEaF8DS0
dominica

東京)ドミニカ流野球、伝えたい 中大付・阿部君が留学

 今夏、一人の高校球児がドミニカ共和国に短期留学した。ドミニカはペドロ・マルティネス(元レッドソックスなど)やアルバート・プホルス(エンゼルス)ら多くの米・大リーグで活躍する選手を生んだ国。

 日本の高校生にあたる世代の練習。選手たちはガムをかみながら、個人でウォーミングアップに取り組んでいた。日本では「定番」の声出しも、集団走もしない。練習は長くても半日で終了。素振りや筋力トレーニングなどはしていなかった。試合では、投手はたとえ無安打で抑えても3回で降板していた。犠打も1試合に1回しかなかった。

 特に練習時間の短さに衝撃を受けた。日本の高校では休日は終日練習が当たり前だからだ。「目の前の試合に勝つよりも10年後、大リーグで活躍することが大事。 けが防止のためだ」と現地の指導者。逆に「なぜ日本人は長時間練習するんだ」と聞かれ、阿部君は答えに窮した。

https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASLC95FMNLC9UTIL024.html

2: 風吹けば名無し 2018/12/04(火) 15:05:41.48 ID:uSgf/Daj0
ホンマにな

10: 風吹けば名無し 2018/12/04(火) 15:08:02.78 ID:MuvcaDxl0
日本人がドミニカ人と同じような練習メニューして勝てるわけない

続きを読む

横浜・及川、MAX153kmで13奪三振完投勝利wwxxww

1: 風吹けば名無し 2018/11/23(金) 20:48:40.09 ID:sX23JsbU0
oyokawa

横浜・及川13K完投も5失点反省「良くなかった」

来秋ドラフト上位候補の横浜(神奈川)及川雅貴投手(2年)が23日、横浜市内で行われた国学院久我山(東京)との練習試合で先発し、13奪三振5失点で完投した。

4回以外は毎回三振を奪い、自己最速を1キロ更新する153キロをマークした。「スピードは意識していないが、指のかかりは良かった」と話す一方で、5失点(自責1)を反省。投げ終わりで三塁側に体が倒れてしまう点をうまく修正できなかったとし、「今日はおしりに体重が乗ってしまってブルペンからバランスが良くなかった。でも、修正ポイントは分かっている。自分の課題はコントロール。しっかり下半身を鍛えたい」と冬を見据えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00400803-nksports-base

3: 風吹けば名無し 2018/11/23(金) 20:49:20.89 ID:8LRVCp7PH
この時期にまだ練習試合やってんのか

4: 風吹けば名無し 2018/11/23(金) 20:49:24.40 ID:Rmj5Bff4a
はいストーリーゲット

続きを読む

【悲報】大阪桐蔭、選抜出場が難しくなる

toin

1: 風吹けば名無し 2018/11/03(土)14:15:41 ID:tfK
大阪優勝履正社 近畿大会準決勝敗退
近畿大会で大阪桐蔭に勝った智弁和歌山 近畿大会準決勝2回終了 0-8

2: 風吹けば名無し 2018/11/03(土)14:16:02 ID:tfK
ダメそうですね

続きを読む

大阪桐蔭西谷「根尾の意識はプロでも上位、打者としては森と比べたら可哀想」

1: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 14:10:48.34 ID:OW7J9mgL0
20181025-00010010-sportiva-000-1-view

複数球団が1位指名を公言。恩師が語る「根尾昂の本当のすごさ」

「いい選手だがみんなが思う根尾にまでは達していない」

 大阪桐蔭の西谷浩一監督はそう根尾を評する。そして何よりも絶賛するのが、根尾の内面である。

「意識的なところでいえば、今のプロ選手に交じってもかなり上位に入るのでは……と僕の勝手な想像ですけど、そんな風に思うところはあります。技術的にはまだまだ足りませんが、取り組み方、考え方でいえば、本当に高校生レベルではないものを持っています」

 大阪桐蔭入学前から“飛騨のスーパー中学生”と大きな注目を集め、そこから約2年半、周囲の期待と根尾の成長は必ずしも合致していたわけではない。過去に大阪桐蔭では、“二刀流”というなら中田翔(日本ハム)がいたし、“剛腕”というなら辻内崇伸(元巨人)や藤浪晋太郎(阪神)もいた。また、打者として見ても、中田や中村剛也(西武)のスケール、森友哉、浅村栄斗(ともに西武)の技術など、すごい打者はいくらでもいた。

「『森(友哉)と比べてどうですか』と聞かれても、正直、そこは比べたらあかんでしょうという気持ちになります。森は高校生のレベルをはるかに超えていましたから。もちろん、根尾もいい選手ですし、この夏の甲子園でのバッティングをあらためてビデオで見ると、やっぱりすごいなと思いましたけど、みんなが思う根尾にまでは達していない……そういう表現が的確かもしれないですね」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00010010-sportiva-base

3: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 14:12:27.18 ID:OXWu+JnZM
やっぱり冷静やね

9: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 14:13:52.14 ID:OW7J9mgL0
森が単独という事実

続きを読む



最新記事
BBDのRSS
RSSimg


記事検索



アクセスランキング


admin.